東京の永代供養墓について

永代供養墓とは、お遺骨を墓地や霊園の管理者に永代にわたって管理、供養してもらうお墓のことをいいます。一般的には他人の遺骨とともに合祀されることが多く、一度納めた後は取り出すことはできません。



ただし近年では個人や夫婦単位でお墓を建立するものタイプもあります。

個人や夫婦で墓を建てるタイプは別として、基本的には個人で墓石を建てる必要がないため、経済的負担が少なくてすみます。遠方に住んでいるなどの理由でお参りに来ることができなくても、代わりに節目節目に供養してもらえます。また、自分の子どもにお墓の維持管理の負担を掛けずにすみます。

墓地にする土地が足りない東京などの都市部で、特に需要が高くなっています。

永代供養墓は公営、民営、寺院運営と三角タイプがあり、それぞれ特徴が異なります。公営は安く、宗旨宗派を問わないのが一般的。

ふつう、その地区に住民票があることなどの申込条件があります。



民営はよく管理が行き届き、便利な立地にあることが多く、宗旨宗派は基本的に問いません。寺院運営は、宗旨宗派を問わないところ、檀家になる必要があるところがあります。



供養を安心してお任せできます。
需要の高さから、地方と比べ、特に東京では永代供養墓がたくさんあります。

東京都の公営永代供養墓は人気が高く、倍率は非常に高くなっています。


抽選に落ちる可能性も高いため、注意しましょう。一般的に民営や寺院運営に比べ公営は永代供養料が安くなりますが、東京に限ると民営より安いと言えないところもあるため、事前によく確認する必要があります。