東京における自然葬について

自然葬は、伝統的な方法とは大きな違いがあり、たとえば墓地として屋外の小規模な区画を借りて、そこに柵と墓石を建てて遺骨を納める従来の方法に対して、自然環境と同じようなところに遺骨を埋葬するか、または散骨する方法となっています。



東京都内の墓地についても、自然葬をとりいれているところはいくつもあります。

むしろ、伝統が重んじられる地方よりも、東京に代表される大都市のほうが、需要ははるかに多く、また供給についても、それにつれて多くなっているといえるでしょう。



たとえば、自然葬の一種でもポピュラーなのは、樹木葬とよばれるものです。
これには、都内にもともとあった伝統的な仏教寺院の境内墓地として、あらためて自然葬向けに造成されたものがあります。

ほかにも、樹木葬のための専用空間として、その他の民間の法人が造成したものもあります。

どちらにしても、遺骨は樹木の根元あたりに専用の袋に入れたり、容器に入れたりして埋葬するか、地面に粉になった遺骨を直接散布する形態となります。

このような自然葬の空間には、石でつくった墓標を建てることはなく、樹木が墓標としての役割を果たしています。
そのため、地価をはじめ、物価が高水準である東京都内であっても、墓石を購入するための費用や、工事にかかる費用が節約できて、トータルとして安価になります。


また、永代供養料や永代使用料だけを支払えば、あとの年間の管理費なども必要はないのが一般的です。