東京における永代供養墓

永代供養墓とは、寺院などの施設が、遺骨の管理と供養を一定期間行うお墓のことです。

従来のお墓は子孫が受け継ぎ供養を行っていくという考え方が一般的でした。



しかし現代は少子化などで家族構成が変わってきており、お墓の後継者問題が懸念されています。



また管理していくのにも思いのほか労力を必要とします。

例えば現在居住している土地から離れた場所に墓地がある場合、お墓参りの為に遠出をする必要があり、その交通費も決して無視できない金額になります。

特に東京などの都心部では、電車の広告などでも永代供養墓の広告を見かける機会が増えてきています。


その理由として、独身で子供がいないこと、墓石代などが高額なためお墓が建立できないなどの理由が挙げられます。



永代供養墓には様々なメリットがあります。

基本的に供養や管理は寺院が行ってくれる為、親族が管理する必要がありません。

また、墓石代がかからず、一般の墓地で定期的に必要になる管理費用も不要なため、一般的な個人墓より安く利用することができます。また、東京においては立地条件の整った永代供養墓も多いため、交通アクセスが良く利用がしやすいというメリットもあります。
東京においてお墓を建立する場合、墓石の価格はもちろん、土地を習得するのにも苦労が必要です。


また多様な考え方を持つ人が多いのも特徴です。永代供養という考え方は現代のライフスタイルに柔軟に対応する、お墓選びの選択肢の一つになっています。